\神戸の夏まつり・花火大会情報まとめはこちら/

家賃交渉の言い方は?賃貸で家賃を3000円下げれた体験談

当ページのリンクには広告が含まれています。

賃貸マンションを借りる際に、「できればもう少し家賃が下がらないかなぁ・・」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論として、家賃交渉はできる場合とできない場合があります。

筆者はファミリー向けの3LDKのマンションで家賃を3000円下げてもらった経験があります。今回の記事では、家賃交渉の言い方は?賃貸で家賃を3000円下げれた体験談についてご紹介します。

目次

入居前の家賃交渉、言い方のポイントは?

マンションの写真

私は実際に賃貸マンションの家賃を下げてもらった経験がありますが、その時の言い方のポイントとしては3000円下げてくださったら、すぐに入居しますという点を不動産屋さんから大家さんに伝えてもらいました。大家さんからすると、家賃をせっかく下げたのにそこから「少し検討します」と言われてしまうと、下げ損になってしまいますよね。

大家さんは空室期間が長くなればなるほど、その間の賃料の報酬がなくなるため、少し家賃を下げることによってすぐに入居してくれるのであれば承諾してもらえるケースもあります

まる

すぐに入居してくれると大家さんもメリットがあるもんね

家賃交渉はいくら下がる?家賃を3000円下げれた体験談

花の写真

「家賃を下げれたっていうことは不便な場所にあるか、築年数の古いボロボロのマンションなんじゃないの?」と思われる方も多いと思うのですが、私が実際に家賃を下げていただいたマンションは駅近でそれなりに人気のマンションでした。

実際に私が住んでいても、空室が出た場合も1、2ヶ月以内には新しい方が必ずすぐに入居するようなマンションです

そんなマンションでどうやって家賃を下げてもらったかというと、賃貸情報にそのマンションが掲載された当日すぐに電話で不動産へ問い合わせをして内覧の申し込みをしました

もちろんこの時点では契約する!という確証はありませんでしたが、私は半年間の物件探しをしており、そんな時にこの物件が新しく情報として出たため、賃貸情報サイトにこの物件が上がった瞬間「これだ!」という妙な自信がありました。(自分の希望する条件にぴったりでした)

私が賃貸物件がなかなか決まらなかった時の話については下記の記事でご紹介しています。よろしければ合わせてご覧ください。

そのため、内覧前から期待値も高く「実際に部屋の中を見てよかったらすぐに申し込もう!」と思っていました。ただ1点懸念していたのが希望より少し家賃が上がることだったので、ほんの少しでも安くなれば・・!という願望を込めて家賃交渉しました。その後の大家さんの話では、家賃を下げたのは今回が始めただったということでした。笑

家賃交渉が成功したポイントについては下記で詳しくご紹介いたします。

家賃交渉成功のポイント

過度な値下げは禁物!成功するか絶妙なラインを狙う

私が家賃交渉したマンションの家賃が¥●8,000という数字だったため、3000円の値切りをしましたが結果うまく行きました。(3000値引きしてもキリがいい数字ですよね。)例えばこれが¥5,000だったり¥8,000の値引きをお願いしていれば恐らく交渉はうまくいかなかったと思います。

¥5,000値引きとなるとやはり毎月になると大きな数字ですよね。最初に¥5,000のお願いをしてみて無理なら¥3,000はどうかと交渉する方法もあるとは思いますが、その時点で気を悪くしてしまう大家さんもいるかと思うので、成功するか失敗するか絶妙なラインの¥3,000でお願いをしました

また家賃が5万円以内など元々低めの場合は交渉が難しい可能性が高いです。基本的には家賃交渉は成功しないものと念頭に入れ、ハードルは下げた上で交渉してみましょう。

気になる物件は即問い合わせ

電話で問い合わせ

長い間空室で誰も入居する人がいないマンションは家賃交渉が成功する場合もありますが、私のパターンはそれとは違い、駅近でそれなりに人気のマンションでした。当時私はスーモやアットホームなどの賃貸情報を毎日欠かさずみており、この物件の情報が上がった当日に即問い合わせをして内覧を申し込みました。(問い合わせが早すぎて大家さんもびっくりしていたそうですw)

この時点でかなり熱意がある客即入居する可能性が高いと思っていただけたのだと思います。

ちなみに賃貸情報のサイトの問い合わせフォームから連絡するより、電話で問い合わせた方がすぐに段取りがつきやすいです。連絡や返信を待っている間に人気物件は埋まる可能性もあるので、特に期待値の高い物件は電話で問い合わせましょう!

その家に住みたい!という熱意を見せる

成功したポイントとしては、私が不動産屋の担当者に「このエリアでずっと何ヶ月も物件を探している」「実家が近くでこの辺りに住みたい」「この家は理想通りだが少し予算オーバーなので¥3000下げてくださったらすぐ申し込む」という点を話しており、不動産屋から大家さんにその点も踏まえてうまい具合に家賃交渉してくれたそうです。

後から聞いた話ですと「家賃は今まで一度も下げたことはないけど、話を聞く限りいい人そうだから3000円下げてもいいですよ」と言ってくだったそうです。このあたりは大家さんの性格にもよりますかもしれませんが、こちらの真剣さ・熱意をかってくれたのだと思っています。

ちなみに引っ越ししたのは10月で、春に続いて第2の引っ越し繁忙期と呼ばれる時期でした。引っ越しシーズンでも人気のマンションで家賃交渉が成功したのは上記にあげた点が良かったのかと思います。

家賃交渉で断られやすいパターンは?

家賃交渉を望んでも断られるパターンももちろんあります。むしろ断られることの方が多いのではないかと思います。特に家賃交渉ができない特徴は下記の通りです。

新築マンションの場合

新築マンション

新築マンションの場合はほぼ家賃交渉は難しいと思った方が良いでしょう。新築というだけで価値があり、それを望む人も多いため基本的に新築では家賃交渉はできません。

引越しシーズンの場合

引越しシーズン

前述でも述べた通り、私は第2の引越しシーズン(9〜10月)である10月でも家賃交渉が成功したのですが、基本的には引越しシーズンは物件はすぐに埋まる傾向にあるため家賃交渉は成功しづらいパターンが多いかと思います。特に3〜4月は一番引越しさせる方が多いため、何もせずとも物件が埋まる可能性が高いです。

値下げの過度な要求をした場合

家賃の価格にもよるかとは思いますが、過度な値下げの要求はこちらの印象も悪くします。私の場合¥3,000で成功しましたが、希望する物件との家賃との兼ね合いも考え、常識的な範囲で成功するか絶妙なラインの金額を願いましょう。

人気物件場合

駅近、利便性のいいエリア、浅築などの人気物件の場合は家賃交渉が難しい傾向にあります。私が成功した物件は駅近ではあったものの、築年数はそれなりにあったため成功したのかと思います。基本的に、新しい物件は設備等も最新で室内も綺麗ですし利便性の良い土地にあることが多いため、空きもほとんど出ない傾向にあります。そのため家賃交渉は成功しづらいでしょう。

元々の家賃が安い場合

元々の家賃が5万円以下などの低めの場合¥3,000の値下げでも割合として大きくなるため、そういった物件は空室期間が長い場合を除いては家賃交渉が難しい可能性が高いです。逆に空室期間が長いと、早く入居してほしいと思う大家さんもいらっしゃるため、その時は交渉してみるのもありだと思います。

まとめ

今回は家賃交渉の言い方は?賃貸で家賃を3000円下げれた体験談についてご紹介しました。

  • 入居前の家賃交渉の言い方のポイントは「下げてくださったら入居します」という点をアピールする
  • 家賃交渉成功のポイントは、①過度な値下げは禁物!成功するか絶妙なラインを狙う、②気になる物件は即問い合わせ、③その家に住みたい!という熱意を見せる
  • 家賃交渉で断られやすいパターンは、①新築マンション、②引越しシーズン、③値下げの過度な要求、④人気物件、⑤元々の家賃が安い

家賃交渉する際は、もうその物件に入居する!と決めた時にするのが重要です。(下げてもらって「検討します」は大家さんは下げ損になってしまいます)この記事を読んでくださっている方の家賃交渉がうまくいくように願っています!

まる

参考になりましたら幸いです

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次